トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

小ネタ/アイマスと女子小学生

Last-modified: 2016-11-19 (土) 08:33:16 (672d)
Top / 小ネタ / アイマスと女子小学生

ディアリースターズは女児向け?

「アイドルマスターDSは女子小学生を狙ったのに失敗した」というような総括をSNSなどで目にする事があるかと思います。
全く視野に入ってなかったとまでは言えませんが、プレイしたユーザーであれば「小学生向け?」と首をかしげる描写が多々あり、事実関係を調べると上記の主張は根拠が乏しいことがわかります。

しかし、いくら検証されても明文化されることがなかったので、いちいち否定されることもなく繰り返されるうちに疑う余地の無い事実のように流布されています。
このまま新しい展開で上書きする機会もなく放置されると、商業的な評価はさておき、本作の内容が女子小学生向けという誤った認識が定着して敬遠されかねません。

そこで、ここで改めて事実を元に検証した結果を記録しておくことにしました。

検証項目

ニンテンドーDSは子供向け

2011年のデータ(gamebusiness.jp/4gamer)ですが、2009年でも大きな差はないと見てよいと思います。
DSは20代前半・PSPは10代後半が多いと要約されていますが、ここではDSが10歳未満だけでなく全年齢層に普及しており各層の2割近く女性が占める事に注目します。
これを見るとDSを選択したこと自体が、男性だけではなく年齢を問わず女性の取り込みを期待したという程度の主張ならば可能性は否定しきれません。
しかし、逆に女性を中心にしたとまで言うには2割しかない層でもあります。あくまで市場傾向であり、本作のメインターゲットを断定するのは乱暴です。

アイドルマスターは女子小学生に人気

元々、本作の発売される4年前から「アイドルマスターは女子小学生向けなのに大人はプレイしてるはずがないよね」と自虐するようなネタが存在していました。発端はラブ&ベリーと混同したCDジャーナルのデータベースとされています。いわば小学生Pと呼ぶ存在で、アイカツおじさん・プリパラおじさんとは対照的な存在です。
当時は、こちらの文脈で「アイマスDSは女子小学生向けだから健全に決まってるだろ、いい加減にしろ」というように使われるケースもあったかと思いますが、この場合、当人はもちろんCERO Cのゲームである事実を知っています。

出典:ドラマCD アイドルマスター Scene.01(2005/12/22)

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

女子小学生を中心に絶大な人気を誇るナムコのアーケード・ゲームを元にしたオリジナル・ドラマCDシリーズ。

プロデューサーや事務所の社長が、数々の新人アイドルをあの手この手で一流スターに育て上げる物語。

「なかよし」に記事掲載

一番の誤解の原因がこの「女児向け雑誌に紹介記事が載った」という情報の一人歩きです。

元々は、講談社の雑誌合同で実施したプレゼント企画のために500本が用意され、様々な雑誌に軽い紹介と一緒に掲載されただけです。男児中心の「テレビマガジン」にも掲載されている点から、CEROの意味を知らない人がプレス資料から「DSソフトは低年齢向け」と雑に判断した意図を感じます。
アイマスSPの時にも510本プレゼントが実施されており、ハードによって掲載媒体を振り分けたのは講談社でバンナム主導では無いでしょう。

以下に確認できる掲載媒体を記載します。あくまでも確認できるものだけで、網羅しているわけでは無い事に留意してください。

アイドルマスターDS 500名

なかよし10月号テレビマガジン10月号、月刊少年ライバル10月号、週刊ヤングマガジン40号、週刊モーニング39号

アイドルマスターSP 510名(170名x3)

週刊少年マガジン7号、イブニング3号、週刊モーニング8号

「Side-BN」女の子にも楽しめるゲーム

2009年10月号の「女の子もゼッタイ注目!秋のゲームコレクション」で紹介されていますので、バンナム側で女子をターゲットに販促した事実はあります。
ただし、「なかよし」のように女児をターゲットにした媒体ではなく、SPも掲載されてきました。
PSPの鋼の錬金術師など3本挟んでプリキュアという掲載順から、想定年齢は高めと推測できます。

関連:2009年09月号2009年01月号2009年02月号2009年03月号

アイドルマスターDSはCERO C

テキストの内容よりも、タッチパネルのコミュニケーションの内容がCEROを引き上げたが押し切ったというニュアンスです。表現規制としては解釈の差があるテキストよりも、タッチのほうが直接的という訳ですね。

出典:梶岡Dのツイート

いまだに、「どうしてアイマスDSはDSなのにCERO Cなんですか?」って聞かれるけど、タッチパネルがあるのに女の子に触れるドキドキをスポイルしてまでCERO Bにしてもつまんねーから、ってことですよ。そしてそれをいろんな意味で理解して許容してくれたブンケイさんってこと。

DSなのにCERO Cではなく、DSだったからCERO Cになるような遊びを入れる事が出来たというべきでしょう。

アドベンチャーになった理由

既存ファンの声がヒントになって企画が進められたことが各種インタビューに残されています。ここでもDSをターゲットにしたのは「アーケード版と同じタッチパネルがついている」という理由が挙げられて従来のファンを意識していると読み取れます。

出典:デリシャスアルバム開発者インタビュー

坂上:『ライブフォーユー!』(以下『L4U!』)はステージに的を絞っていますけど、もっとアイドルの心の中の葛藤が見られるような……ストーリー仕立ての作品が遊びた いという声がファンから聞こえたんです。それからアーケード版と同じでDSにもタッチパネルがありますから、おもしろいことができるんじゃないかと。

求められていたのは765プロの世界だと言われそうですが。出会いを描くには新しいアイドルと事務所が適している、13人の765プロでDS形式にザッピング可能にすると整合性がとりづらい、SPが同時進行していたなど各種インタビューにて挙げられている理由を考えれば仕方ないでしょう。

秋月涼の設定理由

男性アイドル主役のモバイル向けアイマスでは、秋月涼よりハッキリとした男の娘アイドルが存在していますが、男性ばかりの中で目立つ存在になるための女装キャラと、女性ばかりの世界で目立たない存在になるための秋月涼の女装キャラは動機が逆で、想定しているユーザーの違いが反映されています。

出典:『電撃DS&Wii Vol.13』

男の子、涼が登場する理由は?

本作はアイドル自身が主人公なのですが、男性の中には、「女の子になる」という設定に抵抗がある人もいるだろう、とは思っていたんです。ならば、実際に男の子が女の子を演じるというのをお話として作ってしまうというのはどうだろうかと。性格はいたってノーマルですから、涼の心情に共感できる人も多いと思いますよ。(ディレクター・梶岡俊彦氏)

涼の秘密公開時期

元々、公式の発表前から身長体重のデータ等から男なのでは?という想像もされていましたが、そうした設定は全年齢向けパロディー同人よりも成人向け同人に影響することを開発者が配慮した結果でした。もっとも女児向けのプリキュア等にも薄い本は存在しているので、それがあるから大人向けメインとは言えません。

出典:梶岡Dのツイート

あの発表のタイミングは、夏コミで「実は涼は男の子でした」って妄想の薄い本を描いてる人がぎりぎり修正できるタイミングだったんだ。妄想のつもりで描いてたらその通りでした、なんて可哀想すぎるからね。

とはいえ、発売前から同人界隈を意識して情報公開の日付を決めたのは従来のアイマスファンに対するマーケティングを行っていたことを示す有力な情報です。

QRコードの掲載媒体

確認されている掲載媒体は下記のとおり、

電撃マ王 2009年12月号、電撃G's magazine 2009年12月号、電撃ゲームス Vol.2、電撃Play Station Vol.459 (2009年 11/27号)、ゲーマガ 2009年12月号、コンプティーク 2009年12月号、アイドルマスターディアリースターズ デリシャスアルバム、電撃オンライン、ファミ通.com、Gpara.com、GAMESPOT Japan、アイドルマスターモバイル

圧倒的に中高生以上対象の雑誌が多数であり、従来のアイマスシリーズや他のギャルゲーなどを遊んでいるユーザーに向けていることが感じ取れます。
また、コミカライズ掲載も一迅社のコミックREXでした。

10周年インタビューにおけるターゲットの明言

中高生向けという公式からの証言は既に存在しているので、素直に納得できれば事実を検証する必要もないのですが、断片的に女児向け雑誌で紹介された情報を聞きかじっている人には矛盾する事を言っていると聞こえる可能性があります。しかし、こうして検証して最後に確認として読むと腑に落ちやすいと思います。

出典:電撃10周年インタビュー

坂上:中高生をターゲットにしつつも、765プロのキャラクター性を強めていこうというのが『アイドルマスターSP』でした。

 『アイドルマスターDS』は、同じ中高生をターゲットにしてはいるんですが、違うターゲットもいるのではないかと思いました。

なぜ流布されるに至ったのか

「ターゲットを女子小学生にしてDSというハードを選んだから失敗した」と総括したほうが「ストーリーはいいからリメイクすべき」という主張につなげやすいので現在も頻出です。ただし本当にハイスペックな環境でリメイクする話題は「世代交代」の不安や対立を煽りかねないデリケートな時期もあり、次の展開が明らかになる『2』の発表(2010/09/18)までは黒歴史のように扱われていました。モバイルのアイマスが成功している現在では大らかになりましたが。

「ミニゲームが面白くないのは女子小学生向けだから仕方ない」と総括したほうが、アイドルを育成するゲームであるという従来の作品との比較に固執するプレイヤーに、「別の層に向けたゲームである」と言って不毛な議論を打ち切れるため、「別の面白さとのトレードオフである」と説得するより容易い状況がありました。モバイルのアイマスが成功している現在では大らかになりましたが。

上記はあくまで相反する動機の例ですが、このように「DSは失敗作」という事にしておきたい場合にも、「DSは面白い」という場合にも「アイマスDSは女子小学生向け」という概念は便利に使えたので、まじめに検証して否定される事がなく時間が過ぎてきたのだと思います。

アイマスDSはゲームだから面白い

アイマスDSは決して女子小学生メインの作品ではなく、ストーリーが評価されるのは偶然の産物ではありません。
しかし、いくらストーリーが良いと言っても、女の子にタッチできるドキドキ感、声優さんの熱演、息づかいはコミックでは伝わりません。
5年以上経った今、もっと複雑にタッチできて、サブキャラまでフルボイスで遊べる環境はあるかもしれませんが、ここにしかない色あせない感動があります。
たとえリメイクされても、全ての部分が同じかより良くなるということは絶対になく、こっちの方が良かったと思う部分が出てくるものでしょう。
良い部分と、悪い部分はありますが、特に感情を揺さぶるジャンルにおいて良い部分しかないゲームなどありえません。
障害を乗り越えるほどアイドルへの気持ちも高まるもの、ぜひ機会を見つけて体験してください。

コメント

「追加したい情報があるけど編集の仕方がわからない」場合などはこちらへ。
誰かが編集してくれるはずです。

お名前:

コメントはありません。 コメント/小ネタ/アイマスと女子小学生?